大松建設

HOME > 家づくり成功術 > 4.見学会は住まいの勉強会

4.見学会は住まいの勉強会

見学会は住まいの勉強会

 

見学会の種類を使い分ける

住宅会社が行う見学会は、完成した建物が見られる「実邸完成見学会」と、完成すると見えなくなってしまう「構造見学会」の2つに大きく分けられます。
私たちの考えでは、まず信頼できる住宅会社は「構造見学会」をしっかり行っています。完成すると見えなくなってしまう構造部分にこそ、その住宅会社のこだわりや、家づくりに対する熱意が隠れているからです。
家づくりを任せる上で信頼できるかどうかの判断はこれだけではつきにくいですが、一つの判断材料になります。
「実邸完成見学会」は住宅会社のオプションが盛りだくさんのモデルハウスとは違って、実際に施主様のいる住まいの完成見学会なので、「その会社で実際に建築したらどうなるのか」や「モデルハウスとのギャップはどうか」などの判断基準になります。

見学会の種類を使い分ける

 

モデルハウスと同じ家が建てられますか?

モデルハウスは来場者に良い印象を与えるためにとても華やかなつくりになっているので、とても楽しく住まいへの夢も膨らみます。また、モデルハウスは住宅会社の技術の結集といっても過言ではありませんので、住宅会社がどんな家づくりが得意かということが確認できます。

ただ、そのモデルハウスの建築費用が一般的な住宅の価格を大きく上回っていれば、自分たちの住まいの参考にはなりにくいです。モデルハウスの見学は実邸完成見学会と比較しながら様々な判断をすることが肝要です。

 

Instagram

twitter

twitter

twitter

Copyright © daisyoukensetsu All Rights Reserved.