大松建設株式会社

宍粟市 注文住宅 大松建設株式会社 ホーム > 家づくり成功術 > 何から始めればいいの?

何から始めればいいの?

家づくりを始める前の3つの心構え

1.パートナー選びは大切

1.パートナー選びは大切

初めての家づくり。「こんな家に住みたい」という漠然とした思いはあっても、そのために何から始めればいいのかなかなかわからないものです。でもご安心ください。ほとんどの人が家づくりは初めての経験で、また一度しか経験しないことの方が多いです。要するに「家づくりは一生に一度」で、妥協せずに自分たちに合った家づくりの形をとることが大事です。
そして家づくりのパートナー(住宅会社)選びは、その形に合わせて提案してくれる会社が望ましいです。自分たちに合った家づくりの形は各ご家庭で全く異なると思います。ですから、この情報化社会に飛び交う様々な情報に踊らされずに、実際に現場に足を運んだりして自分たちがどう感じたか、また自分たちの思いやこだわりを叶えてくれそうかを基準に家づくりのパートナーを決めることが大事だと思います。

2.どんな家づくりにもメリット・デメリットがある

2.どんな家づくりにもメリット・デメリットがある

家づくりを考えはじめた時、木造・鉄骨などどのような工法で建てようか?とまず考えると思います。このページを見てくださっているということは何となく「木造で建てたい」と思ってくださっているのでしょうか?
少し水を差してしまいますが、何故木造なのでしょうか?私たちが木造で家づくりを行っているのは、まず「木」が好きだから。そして、「木造」が一番お客様のご要望に沿えると考えているからです。しかし木にも弱点があります。個性があります。性格の違いがあります。家づくりにおいては、そんな良い所も悪い所も踏まえて進めていくことが大事です。

3.家づくりには勉強が不可欠

3.家づくりには勉強が不可欠

家づくりと一口にいっても、たくさんの選択肢があります。たくさんの工法や建て方があります。間取りにも様々な選択肢があります。いろんな選択肢があることを勉強し、その中で「自分たちにはこれだ!」というものをぜひ見つけてください。いろんなことを知りすぎると、迷ってしまい、何が良いのかわからなくなることもありますが、家づくりが終わった後で様々な選択肢があったことに気付くよりもずっと良いと思いますし、何より自分たちで納得できるはずです。何度でもお気軽にご相談下さい。

家づくり成功術